確実に駆除するために専門業者に依頼をしよう

捕獲する

ハクビシン対策は、対策を取る前に事前に申請が必要です。ハクビシンは保護対称となるため、民間の業者に依頼するか、申請をして捕獲をするかのどちらかの方法で行なうことができます。

詳細を確認する

毒を持つ

人の生活の身近に存在するハチは、種類によって毒の強さが異なります。住宅のベランダや住宅周りに巣を作っていることがあるため、刺される可能性が高くなります。人の命に危険が及ぶ可能性もあるため、早期に退治しましょう。

詳細を確認する

生態によって異なる

シロアリには様々な種類が存在し、それぞれに特長となる生態があります。そのため、住宅に潜むシロアリを駆除する際は、シロアリの種類によって駆除作業を変える必要があります。

詳細を確認する

再発を防ぐ取り組み

イタチによる被害が急増している現在、住宅への侵入を防ぐために様々な対策が行なわれています。イタチ駆除は再発する可能性が高いため、駆除後はイタチ対策を行なう必要があります。

詳細を確認する

効果的な方法

増えるハクビシン被害

近年、山間部だけではなく、都市部でも被害が相次いでいるハクビシンの被害を防ぐためには、どのような対策を取れば良いのでしょうか。 ハクビシンが家屋に侵入した場合、騒音や排泄物による異臭などの被害が考えられます。このような被害を防ぐためには、家屋に侵入されないような対策を取る必要があります。具体的には、侵入される可能性のあるようなすき間の有無を確認してみましょう。そして、すき間があるようであればそのすき間を塞ぐようにします。ただし、小さなすき間でも侵入するため、そのようなすき間を発見することは難しい場合があります。夜間、騒音が気になる、異臭がするなどがあった場合には、早めに専門の業者に対策を依頼するようにしましょう。

具体的な対策について

ハクビシンの被害を抑えるための対策として、捕獲をするという方法があります。しかし、ハクビシンの捕獲には捕獲手段やワナ設置場所にもよりますが、市町村からの許可を得る必要があります。そして、この許可は誰でも得ることが出来るわけではなく、原則として狩猟免許・狩猟経験・保険への加入が必要となります。 そのため、捕獲などの具体的な対策は専門の業者に依頼するのが一般的です。 家屋に棲むハクビシン駆除の方法としては、まず家屋から追い出し捕獲し、家屋に残された巣や排泄物の撤去、殺菌・消毒、侵入口の封鎖という手順で行われます。 なお費用については、業者により異なります。業者は各自治体で紹介を受けることも出来ますし、インターネットなどで探すことも出来ます。